窓ストッパーv0.1

 
 
 

どんな用途があるか?

 
  • 赤ちゃんや子どもの転落防止
    • メジャーな理由
  • 子どものいたずら防止
    • ユーザーの声
    • 子供が物入れのドアを開けて、いたずらをするので購入しました。ドアが透明だったので、目立たない透明色にしました。とても手軽にロックでき扱いやすいです。将来不要になったとしても、ロックを外しておけばそれほど邪魔にもならないし、気にならないものです。
  • ペットの脱走防止
    • ユーザーの声1 ユーザーの声2
    • ペットのわんこがイタズラ盛りで居間に面している部屋の引き戸を上手に(汗)押して開けるようになり困っていました。3枚のうちの真ん中の戸につけることでイタズラできなくなり助かっています。
    • 猫が部屋のドアをジャンプして開けるので困っていました。数時間後にはジャンプやドアに体当たりもしなくなりました。
  • 認知症の徘徊対策
 
  • 防犯対策
    • ユーザーの声1 ユーザーの声2 ユーザーの声3 メーカーの声
    • 窓越しに貼ってあるのがわかるので、空き巣にめんどくさいと思わせることができそうだ。
    • ベランダの窓を少し開けて寝たいが防犯が不安、所謂補助錠はサッシを痛める、と言うことで、適当なものを探していて、これを見つけました。
    • 暖かくなって室内の空気を入れ替える必要があるが、防犯上心配があるので、このストッパーを使うと安心でき、助かります。
    • 泥棒の手口は窓ガラス全面を割って侵入するのではなく、クレセント(窓のカギ)の周りをちょこっと割って、クレセントのロックを解除し、サッシ窓を開けて侵入する。「はいれーぬ」を付けていれば窓を割られ、クレセントを外されても、「はいれーぬ」がストッパーとなり泥棒侵入を防ぐことができる。
 

どんな悩みがあるか?

  • 転落が心配
    • 子供の脱走防止などの目が離せないストレスがある
  • 窓を開けて空気を入れ替えたいけど赤ちゃんが心配!
    • 換気をしたい
    • 暑くて、空気を入れ替えたい
  • 空き巣が心配
    • 網戸にすると防犯が怖いのと、子供が開けてしまう危険があった
  • ペットの脱走が心配
  • 認知症の親の徘徊が心配
 
 

どんなタイプの商品があるか?

 
  • 接着型
引用: viaky
引用: viaky
引用: Viaky
引用: Viaky
引用: PAEUKUON
引用: PAEUKUON
  • 補助錠型
 
  • アーム型
引用: Deligoo
引用: Deligoo
 
引用: spark112
引用: spark112
  • 網戸ストッパー
引用: 安心一番
引用: 安心一番
サッシロックを2個つないで使用した場合、1つ目のロックで防犯ロック、2つ目のロックで換気ロックができます。
 
 
転落対策は、「内側から外側」への脱走を防ぐものであり 防犯対策は、「外側から内側」への侵入を防ぐものである。
 
防犯対策用の補助錠は、地面の低い位置に設置しても問題ないが、赤ちゃんや子どもに触られて開けられてしまう可能性があり、内側から外側への脱出を防ぐ転落対策としては不十分である。(鍵タイプの補助錠などを除く)
 
転落防止対策の窓ストッパーは、必然的に粘着テープで赤ちゃんや子どもの手に届かない高い位置に貼り付ける必要がある。
 
以上から、今回の転落防止の意図とずれてしまうため、補助錠タイプの商品は安全性試験から除外する方針とする。
 
 

市場の商品にどんな課題があるか?

 

✅製品の機能の問題

  • SUSWIM
    • 開閉10cm辺りに装着してみた所、子どもが勢いよく窓を開けるとロックが外れて窓が開いてしまい、付けた意味がなかったです。
    • ロック部分を立ち上げる時、しっかりと最後まで立ち上げないとロックされません。立ち上げが甘くて、何回か子供に開けられてしまったことがあります涙
  • Lasoll
    • ガラスの引き戸に付けようとしたが自重で落ちるくらいの粘着力しかなく使えない
    •  
       

✅製品の互換性の問題

  • Viaky
    • 製品自体が厚すぎて、羽を広げても戸をあけることができませんでした。家には四箇所引き戸がありますが、どこの引き戸でも使えませんでした。逆に、これが使えるくらい隙間のある引き戸ある?と思ってしまいます。防犯対策にもとありますが、隙間が9ミリ近くないと使えないので、大抵のお宅では使えないのでは?そんな隙間のある窓はなかなか無いと思います。
    • 近の窓の機密性能なのか引き違いの窓の隙間が小さく、設置するとギリギリ窓が開かなくなります。
    • 網戸に使えると思って購入しましたが、パーツが大きすぎて枠に上手く張れません。
    • 網戸につけられるような構造になってると尚良しです。
    •  
  • Maveek
    • 製品本体の厚みが約7mm、はっきり言って今どきこの厚みの隙間がある引き戸って無いと思います。私の家ではどこも使えませんでした
  • Deligoo
    • 引き戸だけでなく、開き戸でも使えます。
    •  
  • Richell (互換性が良い場合のレビュー)
    • ドアの隙間が4mmしか無かったのですかドアのサイズにも丁度よくいい買い物が出来ました!
    • リビングを3枚の引き戸で仕切るタイプの部屋に住んでおり、引き戸と引き戸の間が4,5mmしかなく、羽を立ち上げるタイプのドアストッパーが使えずに諦めていました。(羽立ち上げタイプは8mm程度の隙間が必要なものがほとんどでした)
      • こちらは2,3mmしか厚みがなく、かなり隙間が狭くても設置できるので使えました。その分パーツもかなり薄いので大きな力には耐えれなさそうですが うちは幼児が通ることを防ぐ目的でしたので、問題なさそうです。
    • 子供が引き戸を開けられるようになり、いくつかチャイルドロックを購入したが、ドアの隙間があまりなく、普通のチャイルドロックだと使えませんでした。やっと薄いこの商品を見つけ、網戸用のようですが、我が家ではリビングの階段に向かう引き戸に使っています。強度もよく、かなり助かっています!
    •  
 

✅耐久性の問題

  • Viaky
    • 1年以内に剥がれ落ちた物もありますし、1年以上たっても頑張って付いてるのもあります。日差しがよく入る場所に取り付けた物の変色は凄いです。そして脆いです。破片が窓の隙間に入り、窓が閉まらなくなって大変でした。
    • 簡単にロックできて便利だったのですが、ロックしたまま大人がうっかり戸を開けてしまうと羽が折れてしまい、付け替えては壊すを繰り返し、結局全て壊れてしまいました。粘着力は強く、剥がすのに苦労するほどでした。
 

✅操作性の問題

  • Viaky
    • ロック解除(羽を折りたたむ)にはなんのコツもいらず、ただパタンと倒せばいいだけなので、高い部分に取り付けるのはもちろんだが、椅子などを持ってきて乗り、手を伸ばせば届いてしまうような高さであれば、守りたい子供の年齢や知恵具合によっては無意味になる可能性も。もっと安心感、安全感が欲しいのであれば、ロックの解除にもコツが必要な商品を選ぶ必要がある。注意が必要。
 

✅デザインの問題

  • Viaky
    • 本品が半透明で目立たないせいか、ロックした窓を不注意な旦那が力任せに開けてしまいます。大人の不注意により何度も破損していますが、接着力は強力なので、はがれたことはありません。
 

どんな評価項目にすべきか?

 
チャイルドロックやコンセントキャップなどの安全対策商品は、子どもがとることを前提として性能を評価していた。
チャイルドロック安全試験2023/3/16 2:292023/4/29 8:45コンセントキャップ安全試験2023/4/6 13:302023/4/29 8:46
 
しかし窓ストッパーは、子どもの手の届かない場所に設置するため、子どもがとることを前提としていない。むしろ、大人が不注意でとってしまうことを前提としている。
 
この点と、上記市場商品の課題を踏まえ、評価項目案として以下を挙げる。
 

評価項目案

  • 耐久性
    • 何Kgの力に耐えるか?
      • 大人が不注意で開けても取れないか?
      • 子どもがいたずらで力を入れて開けても取れないか?
    • デザインで、目立つか?(大人の不注意で壊すことを減らせるか?)
 
  • 互換性
    • 引き戸か、開き戸か
    • 網戸にも使えるか
    • 商品の厚みが扉の開閉を邪魔せず、スムーズに行えるか
 
  • テープの粘着力
    • 何Kgの引っ張りに耐えるか?
    • 結露にも耐えうるか?
    •  

検討項目

以下の項目について、評価に含めるかどうか、v0.2で決定する。
 
  • 機能性
    • ロックの長さ調節ができ、換気ができる設計か?
    • 大人にとってロック解除が煩わしくないか?
 
 

v0.2に向けて

v0.2では、以下の項目を決める。
  • セグメントの決定
  • 評価項目の決定
  • 測定方法の決定
  • 重みづけの決定
  • スコアの基準値はどうするか?の案だし
 
 

最後に

私たちのテストは進行中であり、絶えず改善していくためには、皆様のフィードバックが必要です。私たちのテストベンチv0.1は、まだまだ改善途中であり、欠陥があります。 安全性を評価する上でどの項目が最も重要なのか、皆様のご意見を集めることで、私たちの進む方向性が正しいことを確認したいと思います。 ご意見を お問い合わせフォームもしくは、info@yobot.jp までメールをお送りください。
 
フィードバックやレビューに基づき、私たちは数週間のうちに小さなテストベンチの更新を行います。そしてテストに必要な修正や重みづけを行い、安全性スコアを作成します。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。