【実験データ】乳幼児の引く力はどれくらい?

 
 

乳幼児の引く力の計測が重要な背景

安全対策グッズを購入した両親から、グッズを剥がしてしまった、シールを引っ張られて取れてしまったという声が散見される。
商品の安全性評価によるスコア化をするために、どの力を基準とするべきかを調査し、その結果をこの資料でまとめる。
 

子どもの筋力データの蓄積

子供の引く力(各世代 n=20)
  • 1歳は最大22N(約2kg)
  • 2歳は44N(約4.5kg)
  • 3歳は49N(約5kg)
子供の筋力データの蓄積
子供の筋力データの蓄積
 
 

引戸の重量及び取手形状と、子供の開閉可能領域の検証

子供の引く力(各世代 n= 20)
  • 2歳: 35N (avg: 35.5N → 3.6kg)
  • 3歳: 36-48N (avg:40.5N → 4.1kg)
  • 4歳: 41-76N (avg: 55.8N → 5.7kg)
  • 5歳: 39-75N (avg: 53.7N -> 5.5kg)
  • 6歳: 44 - 91N (avg: 67.9N → 6.9kg)
  • 7歳: 47 - 89N (avg: 65.9N → 6.7kg)
  • 8歳: 51 - 102N (avg: 77.2N → 7.9kg)
引戸の重量及び取手形状と、子供の開閉可能領域の検証
引戸の重量及び取手形状と、子供の開閉可能領域の検証
 

子どもの発達と住宅内安全計画

子供の引く力 (各世代 n=40-50)
  • 2歳: 3-5kg
  • 3歳: 6-8kg
  • 4歳: 8-11kg
  • 5歳: 10-13kg
  • 6歳: 13-15kg
子どもの発達と住宅内安全計画
子どもの発達と住宅内安全計画
 
 
 

考察: 簡便に計算する

子供の引っ張る力は、簡便にすると以下のように言える → 年齢 * 10N 〜 (年齢+1) * 10N
  • 1歳児:10〜20N
  • 2歳児:20〜30N
  • 3歳児:30〜40N
  • 4歳児:40〜50N
  • 5歳児:50〜60N
  • 6歳児:60〜70N
  • 7歳児:70〜80N
  • 8歳児:80〜90N