子供の行動特性について

 
 
  • 5-6か月くらいになると、赤ちゃんは物をつかめるようになり、つかんだ物を何でも口の中に入れようとする。
    • 反射的な行動の一つとも考えられている。
  • 特に3歳までの子供の行動特性の一つに、身の回りのものを口に入れて調べようとする習性がある。
  • 3歳〜8歳の子どもは、十分に発達した運動神経能力をもち,大人が基本的にすることを一部行い始め,徐々に見守りを受けなくなる。
  • しかしその行動はまだ衝動的で予測できない。重要なことであるが、この年齢幅の上限と下限とでは。子どもの能力及び行動に大きな差異が生じる。